婚活ブログ

ブログ

結婚相談所は抵抗感がある? 結婚相談所の使い方 - 人と会うことにより自分に気づく

更新日:

結婚相談所ときくと、少し抵抗感があり構えちゃいますよね。入会するだけでなんか自分が特殊な存在な気分になるかもしれません。お互い選んだり、選ばれたりするわけですし、どっちであれ、あまり気持ちの良いものではありません。 が、しかし、最近の結婚相談所ってそうでもないんですね。 6万人も登録している中から選ぶんです。もちろん、断られるケースも少なからずあります。 良いことは、会う前に事前に相手の情報を得たうえで、自分の相性の良いと思う方にお見合いの申し込みをするんです。 これだけで、合コンや婚活パーティーとは明らかに違います。だって、合コンや婚活パーティーは事前に相手のことがよく分かっていませんし、実際に行ってみてその人となりを観察します。只、その場で観察したところでその人との相性の良さとかって分かるケースは稀ですよね。むしろ、座った場所によっては生理的に受け付けない人と話をしなければなりません。こういう作業って結構面倒で、私もどちらかと言うとそんなタイプでした。(笑) では、結婚相談所はそんなことないの? と思われるかもしれませんが、生理的に受け付けない方とお見合いをすることは可能性としては低いですがあります。 只、自分で選んで申し込んだ方、或いは、申し込まれて相手の写真を見たり、生い立ちや経歴などの基本情報をある程度知ってからお見合いに入りますので、嫌な方と出会う確率はかなり低いです。また結婚相談所では、生理的に受け付けない方と出会ったからと言って、そのまま引きずる必要はありません。きっぱり断ればいいのです。それも相談所を通じて断るので、気持ち的にはかなり楽です。 折角、結婚相談所を利用するのであれば、是非いろいろな方々とたくさんお見合いして頂ければと思います。 いろいろな方々と話をすると、自分の頭も整理されてきます。つまり、初めはおぼろげな理想のイメージだったのが、一つ芯のようなものが見えてきます。それはポジティブに言えば、例ええば、どんなことでも直ぐ決断をして自分を引っ張って行ってくれる人と言ったことや或いは、手が汚い人はダメ、これだけは絶対に譲れないといったことかもしれません。 自分が理想とする完璧な人は世の中に絶対に存在しません、只、それが見えてくると、自分の結婚後の生活もイメージでき、成婚までのスピードが一気にあがります。大切なのは、相手を見て自分を知るということです。 つまり、多くの方々と会えば、その人を見て自分自身を観察できるのです。結婚で大切なのは相手を思う気持ちです。自分自身を観察して、この人に何かしてあげたいと思ったら、それはきっとそのときかもしれません。 「高学歴女子・理研男子・研究職・エンジニア向け」大宮の結婚相談所-KHSブライダルラボ

-ブログ

Copyright© 大宮の結婚相談所KHSブライダルラボ , 2017 AllRights Reserved.