カウンセラー紹介

河野 敦子

河野敦子

国立大学大学院在学中に結婚・出産し、30代前半で離婚。 現在は高校生の娘を持つシングルマザー。 13年以上働いていた業界は、高学歴男女、理系、研究職の方が多い環境でした。 私は離婚経験があるので、友人の離婚相談、結婚生活の愚痴や悩みを聞いているうちに、今度は職場で結婚の悩みや不安の相談も聞くようになりました。なんで私に結婚について聞くのだろう?と当時は不思議でしたが、今思えば賢い彼らは結婚生活の良いところも大変なところも知っておきたかったのだと思います。 そんなきっかけでKHSブライダルラボを立ち上げたのも、知り合いだけでなく、もっと多くの方に良い出会いをして欲しいと考えたからです。 一度は結婚に失敗した私でも、今自信をもって言えるのは「結婚してよかった」ということです。 結婚も離婚も子育ても経験した私こそだからできるアドバイスもあります。少し厳しいことをいうかもしれません。でもそれは本気で会員の皆様に、最高のパートナーと出会ってほしいからです。一緒に人生のパートナーを探して、今よりもっとハッピーになりましょう!

花飾り

青木 毅

青木毅

工学部情報工学科卒、 MBA(オランダ) 外資系企業では金融関連のエンジニア、日系大手製造業では研究者と一緒に組み、海外におけるITのサービス新事業開拓などを担当。趣味は海外旅行、好きな作家は村上春樹と養老孟司。 大学卒業後、外資企業で為替取引システムなど金融ネットワークシステムのシステムエンジニアとして務める。その後、シンガポールにてシステムマネージャーを務め多国籍スタッフのマネージメントの経験も有す。シンガポールから帰国後はオランダのビジネススクールにて経営学を学び、日本へ帰国後に大手製造業の経営戦略室にて、新事業開発を担当。一人称で新事業開発をすることをミッションとし、自社が持つ要素技術を活用し、幾つかのIT新事業を立ち上げる。中でも、新興国における新事業のあり方を訴求し、新たな投資開発スキームやインキュベーションスキームも企画立案し推進。11年間勤めたのちに、独立し起業。 相談所を立ち上げたきっかけは、結婚してから私の人生が変わったということと、これまでの反省に立ち返り、とりわけ理系出身の方は、結婚となると私のように踏み切れない方が多いと思い、私のように優柔不断な方の背中を押してあげたいと思ったため。自らの30代を振り返ると、自分のことは棚上げし相手に求めるだけで優柔不断で結婚する決断力もなく、振り返ってみるとダメ男であり、その間、女性に対し不愉快な思いをさせたと今になって深く反省。大切なことは自分が変わるということに、結婚によって気が付く。 私は誰でも結婚のチャンスはあると考えており、一人でも多く、結婚によってより素敵な人生になることをお手伝いしたいと考えている。

花飾り

小藪 将之

小藪将之

イギリス・オーストラリア留学 婚活経験豊富なスイーツ男子。趣味はゴルフとドライブ。高校時代はバレーボールでは、キャプテンでエースで春高バレーに出場。 英語力を生かし、世界中を飛び回るエリート営業マン。とりわけ、日系企業の海外事業開発においては、東南アジアやヨーロッパで幾つかの店舗開発などの実績多数。 エリート営業マンはあくまで一つの側面。実際は、見た目同様、常に相手の気持ちになって聞く耳をもち、また心優しく穏やかな口調で語り掛け、多くの方から好かれる好青年。 カウンセラーになったきっかけは、自らも婚活経験が豊富で、またその苦労も良く分かっていることから、その経験をベースに加入者をご支援し一緒に婚活まで歩んでいきたいと考えている。

お問い合わせ無料相談はこちらから

更新日:

Copyright© 大宮の結婚相談所KHSブライダルラボ , 2017 AllRights Reserved.